坂上デンタルオフィス 【二子玉川】【NEWS】

坂上メイン

日本の職人歯科
技術で歯を残す
それが歯の根管治療

  日々、進歩し続けている歯科医療技術の中で、今もっとも注目されているのが根管治療と呼ばれる分野。従来の削る、ダメなら抜くといった処置とは違い、歯の神経の通り道である根管に治療を施すことで、抜歯を避け自身の歯を健康的に保つことができるのだという。今回は、そんな根管治療の認定医であり、二子玉川に『坂上デンタルオフィス』を開院予定の坂上斉先生に、お話しを伺いました。

坂上 「根管治療」とは、歯が痛んだり、噛むと痛かったり、または、しみるといった症状に対して行う、歯の神経の通り道である根管と呼ばれる部分の治療です。むし歯が進行した場合、痛みを伝達する神経を取る必要性が生まれ、神経を取って根管を綺麗にしてあげなければ、細菌の増殖、腐敗といった経過を辿り、最終的には、抜歯の決断を下さざるを得なくなります。「なるべく抜かない」ための最善の処置が根管治療であり、「歯を残せる」かは、細かい技術を紡ぎ合わせた職人的な根管治療が大切になります。

 神経の治療と聞くと、難しい手術をイメージするのですが、具体的にはどのように治療していくのでしょうか?

坂上 歯に必要最低限の穴を空け、清潔で柔軟性のある器具を用い、根管を綺麗にお掃除していくのですが、根管は複雑な形をしていて、非常に精密で清潔な処置が必要です。その際に、最も注意を払うべき点としては、根管への細菌の侵入が挙げられます。治療を受ける際に気をつけたい点は、唾液が入らないようにゴムのシートで隔離して治療を行うラバーダム。ラバーダムを用いた方法は、アメリカでは当然の治療法となっています。ラバーダムを使わずに、根管治療を行うことはアメリカでは考えられません。

  先生は根管治療の認定医ということですが、開院予定のクリニックは根管治療専門の歯科医院になるのでしょうか?

坂上 いえ、「根管治療」と「MI修復(むし歯治療)」の二つの治療に特化したクリニックになります。どちらの治療にも共通するのは、最新のマイクロスコープの使用なのですが、これによって精密な処置の精度を飛躍的に高めることが可能です。歯をなるべく削らず、なるべく残し、歯が持つ本来の白さを取り戻す治療で、かぶせもののように、歯ぐきの周りが黒くなる心配もありません。

 自身の歯、美しい歯を保ち続ける治療というわけですね。最後に、読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

坂上 安全で微細な器具や優れた素材を使用しての治療ですので、保険適用外となり、自費治療になります。インプラント治療も優れた治療なのですが、自分の歯をなるべく残したい、自分の歯で噛みたいと思う事も大切です。「いつまでも患者さんの美しい歯を保ち、美味しい食事を楽しんで頂きたい」。そんな願いを抱いて、これからの地域医療に貢献していきたいと思っています。

プロフィール
歯学博士
日本歯科保存学会認定医
坂上 斉(さかうえ ひとし)
東京医科歯科大学大学院歯髄生物学分野卒業。
幼少の頃より細かい作業が得意であったことから、歯科医療の中でも最難関とされる根管治療に魅力を感じ専門に学ぶ。学生時代には、バンド活動でベースを担当。バンドでも歯科医としても「縁の下の力持ち」であることを信条としている。今年5月には、日本歯内療法学会より歯内療法専門医としての認定を受ける予定。
店舗情報
店舗名坂上デンタルオフィス
TEL03-6805-6546
アクセス東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」徒歩4分
住所世田谷区玉川3-20-11-2F
ホームページhttp://www.sakaue-dental.com/
営業時間10:00~13:00・15:00~19:00
定休日月曜・水曜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. simokitaongaku
    シモキタが音で溢れる4日間 才能溢れるアーティストが集う街、下北沢。街中のあちこちでジャンル…
  2. ana_info
    世田谷の8ミリフィルムにさぐる 穴アーカイブとは? 市井の人々によって記録された、昭和の世田…
  3. toyouke
    食から心の健康までサポート オーガニック&ホリスティックな施設が用賀に完成!! オーガニック…

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る